« はじめに | トップページ | (2)責任者は誰だ? »

(1)ジャイアンになれない「いじめっ子」

 昔、いじめっ子と言えば、ドラえもんに出てくるジャイアンのようなタイプの子だった。やることなすこと、がさつで自分勝手。「言うこと聞かないと、ぶん殴るぞぅ!」と脅しながら、周囲の友だちを従わせようとする乱暴者。
 しかし最近、「友だちに手を出して困る」と相談を受けるケースの多くは、ジャイアンとは正反対のタイプの子どもだ。もともとは臆病で神経質だった子が、ある時期を境に「いじめっ子」に豹変しまうのである。

 入園以来、友だちを引っかいたり、噛みついたりが止まらない子がいた。最初、先生は、「園に慣れてくれば、落ち着くはずだ」と思っていた。ところが何ヵ月たっても、いっこうに収まる気配がない。理由もなく突然手が出るので、目が離せない状態が続いた。
 母親もいろいろ努力してみた。優しく言い聞かせると、「うん、わかった。明日は頑張る」と言うのだが、次の日もまた事件を起こす。甘やかしすぎたかと思い、厳しく叱ると、チックや頻尿などの神経症状が表れ、突然夜中に飛び起きて泣き叫ぶこともあった。どこで育て方を間違えたのか、どうすればよいのかと、母親は困り果てた。

 神経が図太いジャイアンのような子どもならば、厳しくしつけていくしかない。しかし、「いい加減にしろ!」と叱っているうちに、年齢が上がって分別がついてくると、次第に落ち着いていくものである。
 しかし繊細な心を持つ子どもは、強く叱ると一気にストレスが溜まり、様々な神経症状が出てきやすい。かといって、事の善悪を教えようとしても、変化が見られないことが多い。それは子どもも、「やってはいけないこと」と頭ではよく分かっているからだ。
 ではいったい、どのように接していけばよいのか。そのヒントは、親子と面談する中で見つかった。

 母親の話によれば、赤ん坊の頃から過敏な子どもだったそうだ。人見知りがはげしく、公園デビューもままならなかった。幼稚園へあがる時も、友だちになじんでいけるだろうかと気を揉んだ。ところが、入園早々あっけなく母親から離れ、拍子抜けしたという。
 母親がそこまで話した時、それまで横でおとなしく遊んでいた子どもが、突然おもちゃ箱をひっくり返し、その後はまた、何ごともなかったかのように遊び続けた。その様子を見て、「今の母親の言葉に、解決への糸口が隠されているのだな」と私は感じた。
 友だちに手を出してしまう理由を聞いても、子どもは簡単には教えてくれない。なぜ自分がそうしてしまうのか、子ども自身もはっきり分からないでいる場合もある。ところが、子どものちょっとした動きに、子どもの深い気持ちが表れることが多い。おもちゃ箱をひっくり返すという行為に、私は子どもの怒りやいらだちを感じ、解決へのヒントを見た。

 ふつう、友だちに対して不安を持つ子どもは、母親から離れるのを嫌がったり、先生にしがみついたまま友だちに近づこうとしなかったりする。しかし、そうやって不安を訴えられる子どもは、だんだんに落ち着いていくのだ。
 ところが、平気な顔で不安を抱え込んでしまう子どもは、ちょっとしたきっかけで不安が恐怖に変わり、衝動的に手が出てしまう。「攻撃は最大の防御」なのだ。昔のいじめっ子は、暴力によって友だち関係を作ろうとした。しかし、今の「いじめっ子」は、暴力によって友だちを近づけないようにしているのだ。
 この子の場合、登園時に母親と離れる際にベソをかいたり、友だちに近づこうとせず先生にしがみついたりといった行動ができるようになってくると、友だちに手を出さずに済むようになった。半年もすれば、友だちと仲良く遊ぶ姿が見られるようになった。

 個性をむき出しにする子どもが多かった時代には、悪ガキがたくさんいた。「いい加減にしろ!」と、子どもをぶっ飛ばさなくてはならない母親も、今よりもたくさんいたのではないだろうか。しかし、ぶっ飛ばしていれば事足りていた時代は、今にして思えば、親子ともども幸せな時代だったのだ。
 繊細な個性を隠すために、「母親と離れても平気な子」「友だちに手を出すいじめっ子」という“仮面”をつける子どもたち。“仮面”を“本来の個性”と勘違いして接していると、どんどん悪循環に陥ってしまう。ほんの小さいうちから、子どもの“ホンネの気持ち”が見えにくくなってしまっていることが、今の「子育ての大変さ」の大きな要因の一つなのだ。

 親が「よい子」を強要したわけではないのに、ホンネの気持ちをしまい込み、無理をしてしまう子どもたち。それはまるで、スマートな人間関係の裏でストレスにあえいでいる、現代の大人社会の縮図を見るようだ。

|

« はじめに | トップページ | (2)責任者は誰だ? »

■第1章 いま、子どもたちに起きていること」カテゴリの記事

コメント

すっかりお返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。m(_ _)m
「何となく周囲の流れに乗りながら、自分を作り上げていく」というタイプの人と、「自分をある程度作り上げてから、周囲の流れに乗ることを覚えていく」というタイプの人、2種類の人がいるのでしょうね。後者のタイプの子どもには、「いきなり英語だらけの英語教室」という環境は、生き方のスタイルに合いにくいのかもしれませんね。(^-^)

投稿: ぴっかり | 2007年12月 8日 (土) 18時49分

むさぼるように、バックナンバーを読ませていただいています。
私は「気にしすぎる」その割りに「まじめではない」中途半端な親であると感じました。

また、娘は3歳のときから1年ちょっと、英語を習っていますが、英語が嫌いです。授業中は一切日本語が通じず、それがストレスになっているようです。
イヤでも1年通っていれば、少しは英語ができているようなので、ここで辞めてはもったいないと続けていましたが、大事なことは子どものリラックスと考えれば、辞めてもいいのかもしれないですね…。

投稿: さり | 2007年11月 9日 (金) 02時24分

●ipupuさんへ
ホンネの気持ちを言い当ててもらって、ホッとしたのでしょうね。「子どもの謎解き」が、現代の子育てのコツなのかも知れませんね。

●soukumaさんへ
「噛む」という行動は、口の部分で、怒りを止めるような感じがあります。噛むより、全身で大暴れした方が、子どもだってスッキリできるはずですよね。

投稿: ぴっかり | 2007年6月15日 (金) 21時04分

我が家にとって、とてもタイムリーなお話でした。今年から年中児として幼稚園に通い始めた息子でしたが、昨年から通っている別のスクール(週1回)でお友達を噛むということが今週ありました。本人曰く突然突き飛ばされたからということでした。先生もとっさのことで言葉より手が先に出た、とのこと。でも、先週は、弟に遊びの邪魔をされて腕をやはり噛んでいました。1年ほど前にも遊びの中で興奮して噛むということが2度あったのですが、今回のこととは別のような気がします。昨年は泣いていたスクールにも、今年から通い始めた幼稚園にも泣かずに行きますが、やはり我慢が多いのかと思いました。本人は楽しいといいながら、表情ははつらつとはしていません。友達と深くかかわることがあまり好きではないというか、得意ではないように感じます。また、「よいこ」の仮面をかぶらせてきたとも思います。そんな息子も、お友達や弟を噛むことで攻撃を最大の防御としていたのかもしれません。息子の本音はどこにあるのか最近引き出せればと思っていたのですが、なかなか難しいものです。

投稿: soukuma | 2007年6月15日 (金) 11時32分

はじめまして。とってもタイムリーなお話で少し元気になれました。
小1の娘は甘えたで本音をなかなか言わず、敏感な子で、1歳8ヶ月の次女を妊娠したことを告げた頃からわがまま・反抗・赤ちゃん返りなど波はあるものの、今でもずっと続いています。
1ヶ月くらい前からとにかく少し注意しただけで、怒ったり泣いたり暴れて、叱らざるを得ないことが多く、子育てに非協力的な主人もさすがに関心を示し、長女の前で、次女が生まれたことで寂しいのじゃないかなぁと話したことをきっかけに、「抱っこして」「食べさせて」など甘える言葉を表現できるようになり、まだまだ波はありますが、素直さが2年半ぶりにもどってきたような気がします。
今回のお話を読み、『攻撃が最大の防御』だったのかもしれませんね。他の育児書にあるように、甘えたな長女だとわかっている分、次女よりも大切に優先して接していると、プライドが傷つくみたいでかえってすねたりしていました。本音を出させてあげるケアが必要だったのですね。

投稿: ipupu | 2007年6月15日 (金) 08時25分

さっそくのコメント、ありがとう。(^o^)/
そうですね。叱ることが必要な場面ももちろんありますが、親と子が「本来の個性」を発揮できるようになると、やたらと叱る必要がなくなっていく・・・ということかな?

投稿: ぴっかり | 2007年6月12日 (火) 11時43分

とっても、共感できる内容でした。
うちの子もとても繊細で、口が下手。
私も、子供がどうして、そうするのかなど解からず
悪いことをしたら、叱って教えなければ!そして、周りにも、叱らないと!って母親の私に、教える方が多かった。でも、子育てが上手くいってる方程、
一人一人の受け取り方やはぐくみ方が違い、
個性を認められる方が多い事に気づきました。
それからが私の育児の巻き返し。
今では、いかに楽しく育児をするか。
家族仲良く暮らす事が、私のポリシーです。

投稿: やっぱりミケが好き! | 2007年6月12日 (火) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめに | トップページ | (2)責任者は誰だ? »