« (2)責任者は誰だ? | トップページ | (4)泣き声の変化が意味するもの »

(3)“よい子”がキレるメカニズム

 「ささいなことで急にかんしゃく起こし、大暴れになって手がつけられない」という相談を受けた。3歳の男の子である。いわゆる反抗期には、子どもは、親の言うことを素直に聞かなくなるものだ。それは自然な成長過程であり、いちいち親が目くじらを立てていても仕方がない。ところが母親の話によると、その子のかんしゃくは限度を超えているらしい。
 機嫌よく食事をしていた子どもが、手を滑らせてスプーンを落としてしまったとする。呆然としている子どもに、「拾おうね」と何気なく声をかけると、急にギャーッと叫び声を上げ、食卓の上の物をグチャグチャにして暴れるのだという。
 しかし、理由もなしに、子どもがそんな状態になるとは考えられない。何らかのストレスを溜めこんでいるか、あるいは親のしつけ方に問題があるのではないか。そう思いながら、親子の来室を待ち受けた。

 「こんにちは。おじゃまします!」。顔を合わせたとたん、その男の子は、きちんと挨拶をした。そして、さっさと部屋に上がり、そこにあったおもちゃで遊びはじめた。面談中も機嫌よく遊んでいてくれたので、母親とゆっくり話をすることができた。
 「オリコウサンじゃないですか」と言うと、「ええ、そうなんですが…」と母親は浮かぬ顔だ。育児サークルなど外ではわりと機嫌がいいので、友人たちにも、「いい子じゃない。気にしすぎよ」と言われるのだという。ところが「魔の時間」がやってくるのは、たいてい家に帰ってからで、夕方から夜にかけてが危ないのだそうだ。
 面談の終了の時間が近づいた頃、子どもが母親のバッグを開け、お菓子を取り出そうとした。事前に、相談室での飲食は遠慮していただくようにと伝えてある。母親は、「お菓子は、お話が終わってからねって言ったでしょ」と、穏やかな口調でたしなめた。その瞬間、子どもはまわりにあったおもちゃを蹴散らし、大暴れを始めたのだ。一瞬のうちの豹変だった。
 「なにやっているの! だめでしょ!」と叱る母親。それでも子どもは暴れ続ける。気の毒になった私は、「じゃあ、少しだけ食べさせてあげたら」と声をかけた。ところが今度は、母親が渡したお菓子を部屋中にばらまき、さらに激しく暴れ続ける。「いつもこんな調子なんです。こんなふうになったら、もう何を言ってもだめで、30分や1時間は平気で暴れ続けます」と、あきらめ顔の母親。

 厳しすぎるわけでもなく、甘すぎるわけでもなく、ごく常識的に接している母親。それなのに、些細な理由で、異常なまでの激しいかんしゃくを起こす子ども。いったい何が原因なのか?
 実は私には、初めて子どもと顔を合わせた時から、だいたいの察しはついていた。
 「急にキレる」という子どもの生育歴を聞くと、もともとはとても過敏で恐がり屋だった子どもが多い。そういうタイプの子どもは、ふつう、初めての場所や相手には緊張するものだ。場合によっては、玄関先で「入らない!」とダダをこねたり、一人遊びにすぐあきて母親にまとわりつき、「おうちに帰る!」とぐずり始めることもある。しかしそれでも、なだめているうちに、なんとなく落ち着いてくるものだ。
 ところが、「急にキレる」子どもの場合、初めての場所や相手でも、妙に平気でいることが多い。しかし、その“仮面”の裏で不安と緊張を溜め続け、限界まで来ると、ささいな理由で大爆発を起こすのだ。日中、親が気がつかないうちに溜めこんだたくさんストレスは、夕方になって臨界点に達することが多い。
 幼児期において、早々と問題が表面化する子どもは、まだ運がよいのだろう。小学校高学年や中学生なって、やっと臨界点を迎えた子どもの場合、長年溜めこんだストレスの量は想像を絶する。それが一気に吹き出てくるのだから、周囲に及ぼす影響は深刻なものがある。

 親子カウンセリングを続けていくと、最初に子どもに現れる変化は、「小出しのダダこね」をするようになることだ。その場その場でのダダこねは、子どものストレスを発散させる。ひどいダダこねにはならないし、理由もわかりやすい。ストレスを溜めこんだ末の大爆発とは質的に異なる、「指向性のある表現行為」としてのダダこねなのだ。このような「リアルタイムの小さなダダこね」ができるようになると、急にキレるということもなくなってくる。
 もっとも、このように説明をすると大袈裟なことになるが、これは小さな子どもにありがちな「ごく普通のダダこね」だ。子どもは、親から教わってダダこねを覚えるのではない。それは、自然に出てくるはずの本能的な行動だ。それを、わざわざ親が引き出していかなければならないとすれば、大変なことだ。
 こういった、現代の子どもがもつ感情抑圧的な傾向は、「泣く」という行為にも表れている。

|

« (2)責任者は誰だ? | トップページ | (4)泣き声の変化が意味するもの »

■第1章 いま、子どもたちに起きていること」カテゴリの記事

コメント

感情抑圧傾向が強いお子さんに対しては、「体でのやりとり」が効果的。でも手取り足取りでお教えしないとわかりにくいので、今までの本では、ほとんどふれていないのです。お近くに抱っこ法の援助者がいれば、ぜひセッションを受けてみるといいと思うのですが(援助者の情報は、日本抱っこ法協会に問い合わせれば、教えてもらえます)。
宣伝になって恐縮ですが、最新刊の『ちょっと気になる子の育て方』では、「感情抑圧傾向が強い子に、自宅でできること」を、詳しく公開しましたので、ぜひ参考になさってみてくださいね。(^o^)/

投稿: ぴっかり | 2007年7月 5日 (木) 18時55分

不安、緊張が強く、自信がないのにがんばり屋さん。まさにうちの娘(年中)です。毎日の理解不可能な急なブチキレや上の子に対するしつこいちょっかいや意地悪なからかいなど、自分でもわかっててどうすることも出来ない溜め込んだストレスなんでしょうね。ぴっかりさんの本も何度も読ませていただいて娘におきていることは少しは理解しているつもりです。でも小出しのだだこねは引き出せず、ブチキレを受け止めるのに限度があり結局私もぶちきれて自分を責めて後悔の日々です。近ければカウンセリングを受けたい気分です。この先少しでも光が見えてくることを期待してしっかり読ませていただきます。

投稿: さくら | 2007年7月 5日 (木) 00時52分

「思春期のダダこねは、表現方法もひねりがきいて手ごわい」・・・確かに! でも、それが、「幼児のダダこねと本質的には同じで、ただ“ひねり”がきいているだけ」とわかっただけでも、付き合い方のコツがずいぶん見えてきますよね。
アスペルガーのお子さんは、「感情抑圧のチャンピオン」といった感じのところがあります。現代人の「最先端」なのでしょうね。

投稿: ぴっかり | 2007年6月25日 (月) 18時40分

はじままして。中2の娘の母です。
この子は何か違う、でもこれは個性?そんな幼児期・小学生期を、よく言えばのびのびと、悪く言えば放置のまま、娘と付き合ってきました。
小学校高学年で不登校→アスペルガーとの診断です。
やっと育てにくさの理由がつかめた、とホッとしても、この子にどうやって対応していけばよいのかと、マニュアル的な考えにとらわれ、自分もしんどいし子どもも、余計に苦しい思いをさせ・・。
そんな時、こちらのHPの“「育てにくい子」や「言葉の発達が心配な子」の育て方”に出会いました。誰も教えてくれなかった「親子関係が育ちにくい子」という視点は、目からウロコでした。
「心を抱きしめると子育てが変わる」の本は、幼児期の子育てを中心に書かれた本であっても、不登校で思春期の娘の心を知るためにとても分かりやすかったです。
娘は小さい時はニコニコした子で、小学校低学年まで集団に入っても何も問題は無かったのです。ぴっかりさんの書かれているとおりで、長年のストレスは、本当に親としては理解不能で深刻な状態でした。現在も効うつ剤を飲んでいますが、お蔭様で、娘の不安定の理由がわかってきたので、落ち着いて見守ってやることができだしました。私を困らせる娘のダダこねは、今必要なんだ!と思うことができます。本当にありがとうございます。
些細なことで、本当に些細なことで・・、むっつり黙り、何をどう言ってもダメな事があります。幼児期のダダこねもそれは大変だと思います。が、思春期のダダこねは表現方法もひねりがきいて手ごわいですよ。

こちらのブログは「感情抑圧傾向の大人と子どもがどう手を結んでいけばよいか?」がテーマとのこと。私が一番知りたいことは、そのことかもしれません。
期待しています。

投稿: ハミング | 2007年6月25日 (月) 17時39分

そう、そう、「自由」って、大変なんですよね。ひとりひとりが、自分にあったスタイルをクリエイトしていかなくてはならないから。「創造していく苦しみ」は、今までは、芸術家とか、一部の人にだけ関係があることだったけど、今からの時代は、ひとりひとりがクリエイターにならざるを得ない。
じゃあ、どうする?っていうヒントは、「今、私たちは、どういう時代を生きているのか」ということを明確にした後で、提示していこうと思っています。お楽しみに!

投稿: ぴっかり | 2007年6月22日 (金) 12時51分

誰の責任か、何が原因か・・・子育てにつまづいた時よくやる悪者探し。一通り探し終えた所で次につまづくのは手本となる親モデルが無い不安感。昔の様な子育てはもう出来ない。さりとて「ご自由に♪」なんて言われても・・・。過渡期にある私達ってホント大変ですよね~。ぴっかりさんの言葉は判りやすいので有難いです。最終章は如何に!!お忙しいでしょうが、パワーは衰えずって感じですね。楽しみにしています。

投稿: ひなたぼっこ | 2007年6月22日 (金) 10時18分

「過去」ではなく、「いま・ここ」にこそ、前進のためのヒントが隠されている…というお話も、第2章か3章あたりに出てくると思います。お楽しみに。(^o^)/

投稿: ぴっかり | 2007年6月19日 (火) 12時10分

いつもメルマガ読んでいます。メールもさせていただいたことがあります。
家の子はもう大きいのですが、ぴっかりさんの言葉はほんとうに私の助けになっています。
どれを読んでいても小さい頃の子供のことにすんなりとあてはまるのです。そしていつも「子供が小さい時にぴっかりさんの言葉にめぐり合えていればあんなに悩むこともなかったし、良い育て方ができたのではないか・・・。」と思うのです。
不登校も経験していますし、今もまだ完全に復帰はできていません。そういう時の子供は精神的にかなり幼児に近い
状態のようです。今回のキレルというのもぴっかりさんのお話のように考えるとよく本人の気持ちが理解できます。
幼稚園・小学校とキレル・暴れるということがあると、先生方は表面に出てきた行為しか見て、子供の心理状態までは見てくれなかったように思います。
そういう積み重ねがどんどんとぼたんを掛け違えてきてしまって今になってしまったのかも知れないと思います。
これからもぴっかりさんの言葉を参考にしたいです!

投稿: ほうき | 2007年6月19日 (火) 11時36分

「感情抑圧的傾向」のある大人と子どもが、どう手を結んで進んでいけばよいか…というのが、このブログ全体のテーマです。ですから、その謎は、読み進むうちにだんだんと解明されるシカケになっているのですが…。
その点について、お母さん向けの文章としては、「ぴっかりさんの子育て相談室」のHPや、私の著書の中で発表しています。もしまだお読みでない場合は、とりあえずそちらを読んでみてくださいね。きっとヒントが見つかるはずですよ。(^o^)/

投稿: ぴっかり | 2007年6月18日 (月) 20時53分

「感情抑圧的傾向」
私自身がそうなんです。
周りとはなんとかうまくやっています。
でもたまに本当につらくなるのです。
子供も私に似ています。
この子の幸せを考えたら
どうしたら良いのかわかりません。

投稿: ぱらいそ | 2007年6月18日 (月) 10時51分

●ちどりさんへ
「夕方になって臨界点に達する」というのは、多くの子育て相談を受けているうちに発見したことです。・・・ということは、似たようなケースで悩んでいる方が多いということですね。

●icchiさんへ
「ダダをこねられるのが苦手」というのは、私たち現代人の特徴のような気がします。そのあたりのことは、第2章でじっくりと解き明かしていくつもりです。お楽しみに!

●tomoさんへ
時として、「親が我慢するから、子どもも我慢してしまう」ということもあり得るものです。良い意味での「売り言葉に、買い言葉」もありますから、親子って微妙ですよねえ。

●rinさんへ
「我慢してしまう傾向があるみたい」と気づいてあげていることが、一番大切なのだと思います。「どう働きかければよいのか」ということより、「気づいてあげる」「分かっていてあげる」ということのほうが、子どもにとっては大きな支えになるのではないでしょうか。

●yu-naさんへ
このブログは、一般の人向けに、ドキュメンタリータッチでズバズバ書いていくので、子育て中のお母さんが読むと、ややきつい印象を受けるかも知れません。でも、最終章まで読んでいくと、あっとおどろくカタルシス(浄化)の結末が待ってますので、気長にお付き合いくださいね。

投稿: ぴっかり | 2007年6月15日 (金) 21時30分

ブログ解説おめでとうございます。
ぴっかりさんの言葉はいつも心に優しく届いてくるので
ブログでも読むことが出来るようになって嬉しいです。

我が家の年少の息子も、小さい頃はとても過敏で怖がり屋だったのですが、
4月に入園した幼稚園では、予想外に泣かずに通っていて、
かえって心配しています。
周りからは、泣かないで偉いね~と言われるけど、
園で他の子のように、はしゃいで遊んでいる様子もなく、
(先生とは、おしゃべりしたりしているようですが)
帰宅後の些細なことでの爆発が増えていて
気になっていたところでした。

またぴっかりさんの本を読み直してみます。

投稿: yu-na | 2007年6月15日 (金) 14時00分

うちの子と、よく似ていると思いました。
赤ちゃんの時から神経質で恐がり。知らないところ(と言っても近くの公園程度)に行くと抱っこから降りようともせず、その夜はたいてい夜泣き。。。
しばらくは、「昼の行動と夜泣きが繋がっている」ということさえわからず、苦労しました。

今も、外や園では「おりこうさん」です。
また家では、このお子さんほどではないですが、ちょっとしたことで豹変する傾向があると思います。
ただ、家族に対しては、緊張や甘えは結構出すので、まだマシなのかと思います。

「小学校高学年や中学生なって、やっと臨界点を迎えた子どもの場合、……」
という部分が非常に気になります。。。
吐き出せているような、溜めてもいるような、なんとも中途半端な感じです。

連載を楽しみにしております!

投稿: rin | 2007年6月15日 (金) 12時19分

小2の息子はまさに優等生。どこでもいい子で勉強もでき行儀もいい。もっと子どもらしくのびのびとさせたいと担任も心配して、私たち親も同じように思うのに。大人の目があるとこでは絶対にハメをはずせないんです。かんしゃくおこしたことなんて1度もない。家ではだらだらとすることもあるのですがつい「次のこと」を指示してしまう私。母に我慢が足りないですね。0歳から「抱っこ」してきているので感情はためないで出せる子だと思っているんだけど、今回のお話を読んで、いつか爆発するかなあ・・・。なんて思いました。

投稿: tomo | 2007年6月15日 (金) 11時36分

ちいさなだだこねを受け止めていくこともたいへんですね。娘は1年生で、毎日帰ってから制服も脱がず寝転がって指吸いをしてテレビを見ます。着替え、手洗い、宿題まで済むのに相当な時間を要します。ひとつひとつにいやだ!しない!または無視。しつこく注意すると泣いて大暴れします。そのうち私が切れて部屋を出て行くとかたずけをはじめます。
毎日毎日つらいですが、だだこねができるうちが華だ、と心に留めてがんばっています。
うまく言うことを聞かせる方法を模索しながら・・・
いつまでつづくのかわかりませんが、耐えるしかありませんね。

投稿: icchi | 2007年6月15日 (金) 10時22分

今回の文章も思わず「分かるーーー」と大きくうなずいてしまいました。登場人物の男児、まさに我が子(女の子)にそっくりです。今まで、なぜ急にちょっとしたことで夕方になると突然切れるのかが分からなかったのですが日中のストレスが一杯一杯になってしまってあふれたんだと言うことが分かりました。本当に、幼児期に心のメカニズムに気が付くことが出来たのは幸せです。今後も役立つ子育て事情を期待しています。

投稿: ちどり | 2007年6月15日 (金) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (2)責任者は誰だ? | トップページ | (4)泣き声の変化が意味するもの »