« (4)泣き声の変化が意味するもの | トップページ | (6)“仮面”をかぶった子どもたちの葛藤 »

(5)愛させてくれない赤ちゃん

 私のもとに相談に訪れる母親は、それまでにも、周囲の人からいろいろとアドバイスを受けていることが多い。子どもの成長につまずきがあった時、まず一番に疑われるのは、親の愛情不足だ。十分甘えさせてやりさえすれば、それなりに成長していくのが子どもというものである。そのように指摘され、異を唱える母親はいないはずだ。
 子育てに悩む多くの母親は疲れ切り、子どもに心からの愛情をもてなくなってしまっている。だから「愛情不足だ」と指摘されても、返す言葉がない。

 「困った子どもなので、愛情が薄らいできてしまった」というのだったら、まだ同情の余地はある。しかし、「もともと愛情が不足していたから、子どもの育ちに問題が出てきた」という場合は、母親の責任以外の何ものでもないだろう。しかし後者のようなケースは意外に多いのだ。
 ある母親は告白する。「保育士をやっていて、もともと子どもは大好きでした。出産も心待ちにしていたのですが、なぜか、生まれてきた赤ちゃんが可愛く思えなくて…。この子が手に負えないいたずらを繰り返すのは、きっと私の愛情が足りなかったせいだと思います」。
 出産直後の母親は体調が不安定だ。同時に、精神的にも不安定になる。いわゆる「産後ブルー」(産後うつ)である。しかしほとんどの場合は、体調が回復するにつれて気持ちも落ち着いていき、子どもに対する愛情が生まれてくる。だとすればこの母親の場合は、産後ブルーによる挫折感から立ち直れなかったことが原因なのだろうか。
 ところが母親の側ではなく、赤ちゃんの方に問題がある場合がある。「母親の愛情が育ちにくい」タイプの赤ちゃんが増えているのだ。そのようなケースでは、母親の産後ブルーが深刻化しやすい傾向がある。

 ひとつは、おとなしすぎる赤ちゃん、いわゆるサイレント・ベビーだ。おっぱいを要求する以外は、ほとんど泣くこともなく眠ってばかりいる。母親がかまってやらなくても、一人で機嫌よく遊んでいたり、母親の姿が見えなくなっても平気だったりする。最初のうちは楽でいいと思うのだが、そのうち、「子どもにとって私は、いてもいなくてもよい存在なのだろうか」と感じはじめ、空しさに襲われるようになる。赤ちゃんの世話は大変だが、自分を必要としてくれる存在だからこそ、愛おしく感じられるようになるのだ。
 もうひとつのタイプは、反対に、異常なほど母親から離れられない赤ちゃんだ。目覚めているうちは、少しでも下に置いたとたん、悲鳴のような声で泣き続けるので、絶えず抱っこかおんぶをしていなくてはならない。寝つきが悪く、やっと寝たと思っても、小さな物音ですぐに起きてしまい泣きわめく。母親は、片時も気が休まる暇がない。毎日の世話に疲れ切り、愛情が育つ余裕すらもてなくなるのだ。
 この2つのタイプの赤ちゃんは、前項でふれた「めったに泣かない子ども」「ギャーッという異様な声で泣き続ける子ども」という、幼児に見られる両極端と酷似していることに気づかれただろうか。
 母親を呼ぶ可愛らしい甘え泣きに応じ、抱き上げてあやしてやると、満足して落ち着く赤ちゃん。この繰り返しの中で、子どもに対する母親の愛情は開花していく。愛情が育つためには、赤ちゃんからの協力が必要なのだ。

 このような赤ちゃんは、抱いた時の様子にも特徴がある。
 ふつう赤ちゃんは、抱いてやると、母親に身を任せてくる。生まれて間もない赤ちゃんであっても、母親が抱く動作に対して、ごく小さな動きではあるが、それと呼応する動きをする。赤ちゃんを抱いた時に感じられる“一体感”が、母親の愛情をはぐくむのだ。
 ところが、「母親の愛情が育ちにくい」タイプの赤ちゃんは、抱いてやっても体に力が入ったままで、母親に身を任せようとしない。絶えずモゾモゾと落ち着かず、母親から目をそらすように体を反り返らせることも多い。いつまでたっても、ゆったりとした“一体感”を感じさせてくれないのだ。このような状態が続くと、それは母親の感情に微妙な影を落としていく。一緒にいても、「ここから先は母親を入れるわけにはいかない」と感じられるような心理的な壁が、子どもとの間に厳然と存在しているような感覚になるのだ。片思いが続くと、どう頑張ってみても、思いは冷めていく。

 このような赤ちゃんも、親子カウンセリングが進み、もつれていた糸がほぐれてくると、可愛らしい甘え泣きが増え、ゆったりと抱っこをさせてくれるようになる。抱きしめたわが子の、ぴったりとした感触を味わいながら、「こんなの、初めてです」と涙ぐむ母親も少なくない。

 このように、育て方のいかんを越えて見られる、子どもたちの感情抑圧的な傾向の裏には、どのような心理的なメカニズムが存在するのだろうか。

|

« (4)泣き声の変化が意味するもの | トップページ | (6)“仮面”をかぶった子どもたちの葛藤 »

■第1章 いま、子どもたちに起きていること」カテゴリの記事

コメント

コメントが遅くなってしまい、スイマセン。m(_ _)m
ゼロ歳児の場合は、日々の変化が大きいですから、あまり一喜一憂しないでくださいね。
「何か家庭でできること」・・・私の最新刊『ちょっと気になる子の育て方』(学陽書房)は、家庭でできることのノウハウ集です。主な対象は幼児なのですが、きっとお役に立てると思いますよ。
「九州で同じようにカウンセリングをしてもらえるところ」・・・はい、私と同じような考え方で、カウンセリングをしている仲間がいますよ。詳しい情報は、私の所属する「日本抱っこ法協会」に問い合わせてみてくださいね。
※→http://homepage1.nifty.com/pikkari/dakkohou/kyoukai.htm

投稿: ぴっかり | 2007年9月16日 (日) 11時58分

長女が生まれて、今4ヶ月です。上にはお兄ちゃんがいるので、出産、育児と「2回目、だいじょーぶ!」なんて最初は思っていました。
でもこの子と、なんだかしっくり来ないのです。そう思い始めたのは2ヶ月くらいからでした。まず、抱いても反り返ったり足をバタバタさせて、長男のときのようにからだに沿わないから抱きにくいのです。でも下に置くとぎゃーっとなくのでおんぶや抱っこでへとへとです。でも一度眠るとこんこんと寝てばかりで心配になるほどです。
はじめは個性かな、と思っていたのですが、ここのコラムを読んではっとしました。
まだ4ヶ月の子どもでも、何か我慢をしたりすることなんてあるのでしょうか。だとしたらとってもかわいそうだし、何とかしてあげたいのです。ほんとうはカウンセリングを受けてみたいのですが、遠いので行くことができません。何か家庭でできることはあるでしょうか。また九州で同じようにカウンセリングをしてもらえるところがあれば教えてください。

投稿: mimi | 2007年8月31日 (金) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (4)泣き声の変化が意味するもの | トップページ | (6)“仮面”をかぶった子どもたちの葛藤 »