« (5)愛させてくれない赤ちゃん | トップページ | (7)我慢が裏目に出る構図 »

(6)“仮面”をかぶった子どもたちの葛藤

 小学生の子どもをもつ母親から相談を受けた。2年生になって、急に家で暴れるようになったという。大騒ぎをしたあげくに、「ママを刺す!」と叫び、台所から包丁を持ち出すという出来事があった。その時は、なんとか説得して事なきを得たが、今後のことを考えると不安でしかたがないという。そこで親子で来てもらい、じっくりと話を聞くことにした。

 会ってみると、ごく普通の子どもで、ごく普通の母親だった。話を聞く限りでは、今までの育て方に、特に問題があったとは思えない。ただ、「赤ちゃんの時はおとなしく手がかからない子で、今まで反抗期らしい反抗期もなかった」という点が、少し気になった。
 学校での様子を尋ねると、「元気に頑張っている」という。ところが、その母親の言葉に、子どもの顔が一瞬こわばった。そこで、学校での状況をさらに詳しく聞こうとした時、子どもが暴れだした。そして、「ママをぶっ殺す!」と言いながら、母親に殴りかかろうとしたのだ。
 とっさに私は、子どもの手を押さえ、暴れる子どもともみあいになった。「ぶっ殺す!」と叫び続ける子どもとの取っ組み合いが、しばらく続いた。ところが、ふとしたはずみから、私の手が子どもの顔に当たった瞬間、子どもは、それまでのドスのきいた声から一転し、「ママ、ママぁーっ」と赤ん坊のような甘え声で、母親に泣きついた。そして母親にしがみついたまま、ひとしきりワァワァ泣いた後、そのままコトンと眠ってしまったのだ。

 3歳前後の反抗期の子どもは、自分の非を、「ママのバカ!」と母親のせいにしてダダをこねることがある。これは、自立への不安が自己否定に結びついてしまうことを回避するための、心理的な防衛のメカニズムだ。この子の「ママをぶっ殺す!」は、学校の活動に自信をもって参加できない「自分自身へのいらだち」の反映であることが、あとになってわかってきた。溜めこんだ末の大爆発になると、表現としてはすごいことになるが、それも「遅ればせながらのダダこね」にすぎないのだ。
 寝てしまった子どもの体をなでながら、母親は言った。「こんなふうに素直に甘えてきてくれたことは、今まで、ほとんどありませんでした。この子なりに、いろいろ我慢していたのですね」。小学生らしからぬ赤ちゃんのような泣き声は、赤ん坊の頃から「仮面」の陰で抱えていた気持ちを、やっと表現することができたからだろう。
 このことをきっかけに、この子はだんだん母親に甘えられるようになり、そして学校でいかに緊張するかを、母親に打ち明けるようになった。そのぶん、家で暴れることも少なくなっていった。
 ある日、車を運転する母親に、後ろの席から子どもが話しかけた。「ママ、こんな時にしか言えないんだけど…」と、子どもは口ごもりながら言った。「ママ、ボクを産んでくれて、アリガトウ」。その日はちょうど、その子の誕生日だったのだ。母親は、ハンドルを握ったまま涙が止まらなくなり、困ってしまったという。

 心の深い部分が明らかになってくると、「仮面」をつけてしまう子どもには、親思いの子がとても多いことに驚かされる。
 前出の、幼稚園で乱暴が止まらなかった子どもも、入園と母親の出産が重なっていた。しかし、下に兄弟が生まれた時にありがちな“赤ちゃん返り”のようなこともなく、赤ん坊を可愛がる「良いお姉ちゃん」だった。それでも、カウンセリングの中で母親が、「本当は寂しかったね。でも、ママが大変だと思って、我慢していてくれたんだよね」と慰めると、ウンと小さくうなずき、赤ちゃんのようにしくしく泣いた。
 「急にキレる」という子どもの場合も、母親が風邪で寝込んだ時など、ずっと付き添って看病しようとしたり、夫婦げんかの時は母親の味方になって、父親を叩きにいこうとするなど、とても母親思いの子だったのだ。

 この「母親思い」という性格が、「仮面」をつけてしまうことと、深く関係しているように思えてならない。
 子どもに泣かれたり、ダダをこねられたりして、喜ぶ親はいない。しつこく甘えられることも、負担に思うことが多いだろう。だからといって、ふつう子どもは、親に遠慮をしたりはしない。ところが、生まれつき感受性の高い子どもは、親の気持ちがわかりすぎ、親に負担をかけまいと、無理にホンネの気持ちをしまい込んでしまうのではないだろうか。そう考えると合点がいくケースが、長年、多くの相談を受けていると、あまりにも多いのである。それは、赤ちゃんの場合も例外ではない。

|

« (5)愛させてくれない赤ちゃん | トップページ | (7)我慢が裏目に出る構図 »

■第1章 いま、子どもたちに起きていること」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
うちの子供は小学校2年生の男の子です。
普段は気の小さいやさしい男の子なのですが、学校に入学したころから子供らしいはつらつとした感じではなく、いつもやる気のない生気のない顔をしています。このごろは、すぐ切れてめんどくせ-うるせ-の連発。挙句の果てにはおお暴れして、扉を開かないようにセロテ-プでとめたり、バットやわらかいのですがで殴るまねをしたりと手に負えません。
去年の暮から夫と別居を始めたのが原因なのかわかりません。
落ち着いた時に話を聞くと何かわからないけどむきむきすると自分ではどうにもできなくなるといいます。
暴れても落ち着くとごめんねと言います。
何事もすぐにできないと.ばかだから.死ねばいいんだ
と言って暴れます。
小さいころから私も夫も働いており保育園に通い詰め、小学校に入っても一人で留守番でさみしいのだなと思うのですが、働かなければいけないのでどうしようもありません。
いまだにおねしょもなおらずすべてが何かに繋がっているように思うのですが、今は怒らず話を聞くようにこころがけているのですが、どうしたらよいのでしょうか。

投稿: たくまま | 2011年1月12日 (水) 09時36分

このブログでは、「答え」は、すいぶん先になってしまいます。(;^_^A
「今、目の前のわが子と、どう付きあっていけばよいのか」という親向けのアドバイスは、ぴっかりHPや、本の中で具体的に述べていますので、まだお読みでないのなら、ぜひそちらを先に読んでみてくださいね。(^o^)/

投稿: ぴっかり | 2007年8月 3日 (金) 00時35分

もうすぐ3歳になる息子がいます。
私は自己否定感が強くて、体も病弱なため、息子にたくさん我慢させてきています。
息子に向かって暴言を吐いたり、息子の要求を聞けない時があります。
その度に、ごめんねとありがとうを伝えて、許して助けてもらってきました。
それでいいのだ、それが私達のやり方なのだと思ってきました。
でも、ぴっかりさんのコラムを読んでいて、また不安になってしまいました。
このままでいいの?
やっぱり、この先爆発するの?
・・・この先のコラムで、私の知りたい答えが見つかることを祈るばかりです。

投稿: もも | 2007年8月 2日 (木) 23時08分

●しましまさんへ

もともと、「深い事情を知らないだけに、“理解のない”一般の人々」を対象とした文章なので、そういった方々に響きやすくするために、あえて「乾いたタッチ」で書いています。ですから、「ぴっかり流」の文章になじんできた方には、ハードかもしれませんね。
「むこうのふところ深くに入ってお迎えに行き、だんだんこっちに来てもらう」という全体構成ですので、一緒に、「むこうのふところ深くに入ってしまう」ことによる苦しさなのかもしれません。もし、そうだとしたら、文章の流れが「こちらがわ」に来るまで、読まない方が賢明かも。うまく距離を置く工夫をしてみてくださいね。


●たいりょうさんへ

「子どものガマン」と「お母さんのガマン」は、シンクロしていることが多いようですね。そのあたりのことは、もしまだ、「ぴっかりさんの子育て相談室」の「子育てのピンチは、親育ちのチャンス!【基本編】」をお読みでないようでしたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

投稿: ぴっかり | 2007年7月22日 (日) 23時24分

こんにちは。
長男8歳、次男4歳の働く母です。
長男は思い切り泣ける子でわ~と大暴れしたあとすっきりするタイプです。
次男は私のことを気遣っているようで思い切り泣いたりしません。とても気になっていて毎晩抱っこをしているのですが、なかなか身体をあずけてくれません。
私が困っているといつも我慢してくれるのは次男。そんな次男に甘えてしまっているのかも。
次男の気持ちの奥にあるものが外に出せるように少しずつでも次男に向き合って行こうと思います。

投稿: たいりょう | 2007年7月18日 (水) 12時31分

いつも興味深く読んでいます。同時に、読み進むうちに不安と苦しい気持ちが出てくる、というのが正直な感想です。たぶん私自身が感情抑圧傾向のある母親で、子供も同じ、まさに文章に載っているような日常を過ごしているからだと思います。自分自身の子供心が、「周りの大人や友達は、この文章に出てくる人々のように、とまどいや異端児を見るように感じている(いた)のだろうな」と思ってしまうのだと思います。

感情抑圧傾向がなかったら、周りの人たちに「別に私や子供がおかしいわけじゃないよねえ。これだって個性といえば個性だし、周りの子だって、いいところもあれば悪いところもあるし。」などと愚痴って、そうそうなどとなぐさめてもらって、また明日からがんばれそうですが、そうすれば楽なのにと思いながら、なぜかそんなふうに他の人にからめない、感情を抑えてしまう自分がいます。

今までのぴっかりさんの書いてきたものは、「なんだか癒される」というものが多かったように思うのですが、このブログは、私にとっては少々厳しく、以前書かれていた「最後には癒される展開」まで、気持ちを保てるかな・・・という不安があります。

投稿: しましま | 2007年7月18日 (水) 10時51分

「ママのバカ!」「ママをぶっ殺す!」という言葉に隠された「親への思い」「自分自身へのいらだち」が、親に対しても、子どもに対しても明らかになった時、“怒り”は“人と人を結ぶ力”へと変化していくのでしょう。明らかにならない“怒り”は、そのままの形で、他者や自分自身へと向かってしまうのですね。
この世に出てくることのできなかった4人のお子さんたちの分まで、しっかりとシアワセをつかんでいってくださいね。(^-^)

※いたずらメールを防ぐため、メアドは削除させていただきました。

投稿: ぴっかり | 2007年7月17日 (火) 09時44分

こんにちは。

初めて読ませていただきました。。
私も親にはほとんど反抗などせず、回りからも
良い子だといわれて育ちました。それが、苦しくて
中学校に入ったときには自殺しか考えていないような
子供になっていました。それも親には言えず、
17歳、18歳、19歳、21歳と4回の中絶・・・
自分を殺す代わりに子供たちを殺していました。
そのたびにまた死にたくなって、
生きていることだけで精一杯だったんだと、
今では思います。

子供らしい甘えなんて本当にしたことがないと、
思います。私生児だったし、母には心配を
かけたくなかった。それしかないんですよ。

私も今は、3人のお母さんです。子供には子供らしく
あって欲しい・・・本当にそう思います。

育て方とかも良く分からなくて、ある幼児教室に通って、そこの先生にこの子には何の問題もないんですよ、
あなたの心の鏡になっているだけなんですよ、
というお話をしていただいたときに、
何かものすごく安心した気がします。
子供には何にも問題なんてないんだなあ、と。

今では、子供たちが愛しくてたまりません。

かわいいです。こんな風に思える自分が誇らしいです。
子供たちを産んでよかった!毎日いろいろなことが
あるけど、楽しく思えるようになりましたもの。。。

長くなりました。読んでいただき、ありがとうございました。

投稿: なゆりママ | 2007年7月16日 (月) 07時29分

大変な思いをしながら、やってこられたのですね。
そんな中、「生き抜いていくこと」を選ばれたあなた自身こそが、「人から愛される権利のある人だ」ということを、覚えておいてくださいね。

投稿: ぴっかり | 2007年7月15日 (日) 14時32分

こんにちは。
いつも興味深く読ませていただいております。
ずっと読んでいましたが、初めて書き込ませていただきます。

私自身がずっと30年以上、そうでした。
お酒を飲むと暴れている父と、殺したければ殺せ!!と泣き叫ぶ母を見て育ちました。

ずっと自分の気持ちを押し殺し、自分さえ我慢すれば、自分が何とかしなくては・・・
また、絶対にお酒を飲まない人、サラリーマンと結婚し幸せな家庭を築かなくてはいけないと、必死にやってきました。
が・・・

やはり、自分の気持ちを押し殺し、主人に合わせ過ぎたのが原因で、子供たちを犠牲にしてしまいました。

長男は今、塀の中で暮らしています。
育て方を間違えてしまいました。
今更ながらですが、末っ子はたくさんの地域の方々に支えていただきながら、いっぱい抱っこをして育てています。
そんな私の姿を見て、「自分も同じように愛されているんだ」と気づいてくれるよう、また気づくまで、時間はかかると思いますが続けていこうと思っています。

気持ちが揺らいだとき、どうにもならなく落ち込んだとき、いつもメルマがに支えられています。
ありがとうございます。

投稿: 五人の母さん | 2007年7月15日 (日) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (5)愛させてくれない赤ちゃん | トップページ | (7)我慢が裏目に出る構図 »