« (3)甘えと発散によるゆるみ | トップページ | (1)「抱きしめてあげて」というCMの功罪 »

(4)眠れない子どもたちのからだ

 子どもの就寝時間は、年々、確実に遅くなっている。日本小児保健協会の調査によると、夜10時以降に就寝する5~6歳児は、1980年に10%だったのが、90年は17%、2000年には40%に達したそうだ。大人社会全体が夜更かしになっている影響や、TVゲームなどで脳の興奮状態が高まっていることなどが原因とされることが多い。大人とは違い子どもの場合は、心身ともに発達途中にあるのだから、その影響が懸念されるだろう。実際、幼稚園や小学校などで、朝から大あくびでぼおっとしている子どもが目立ってきているという。文部科学省もこの事態を重要視し、子どもが望ましい生活習慣を身につけるため、「早寝早起き朝ごはん」運動を提唱している。
 ある小学校の“夏休みのしおり”を見せてもらうと、「毎日、ロックのリズムで」と書いてあった。「6時に起きて、9時に寝よう」ということなのだそうだ。しかし昔は、「子どもは8時に寝る」というのが常識だったように思う。わが家では、毎週金曜日だけは、『ディズニーランド』という午後8時から9時までのTV番組を観ることが許されていたが、子どもの私は途中で寝入ってしまい、最後まで観られないことも多々あった。しつけ以前に、昔の子どもの体には、夜更かしができないような自然なリズムが備わっていたのではないだろうか。

 落ち着きがなく、聞き分けが悪くて困り果てているという4歳の子どもの相談を受けた。ふだんの様子を聞いたり、実際に子どもとやりとりをしてみると、例によって、平気な顔をして、気持ちを溜め込んでしまっている傾向が見られる。そこで、気持ちの発散を促すやりとりをしてみたところ、30分ほど大暴れ、大泣きをした後、母親の腕の中でストンと寝てしまった。揺すぶってもぴくりともしないほどの熟睡ぶりに、母親は驚いた。神経質で、ふだんは寝つきがとても悪いのだそうだ。眠りも浅く、ちょっとした物音でもすぐに目覚めてしまうという。ましてや、よその家で寝てしまうようなことは、まずないそうだ。
 このようなことは、珍しいことではない。気持ちを溜め込んでしまい、体が過緊張状態にある子どもは、気持ちを吐き出してしまうと、一気に体が緩んでいく。その結果、あっという間に眠ってしまう子どもも多い。つまり寝つきの悪さは、感情抑圧による体の過緊張状態が原因となっているふしがあるのだ。

 相談室を訪れる子どもには、睡眠に関する問題を抱えている子どもも少なくない。
 ある子どもは、寝る前になって、いつもかんしゃくを起こすという。眠りが浅く、夜中に急に飛び起きて、暴れだす子どももいる。われわれ大人も、昼間は忘れていた心配事を、夜、床についてから思い出し、眠れなくなることがある。夜は、心の奥に押し込めていた感情が浮上してきやすいのだ。
 別の子どもは、寝る時間になると、急におもちゃで遊びはじめ、いくら注意してもやめようとしないという。眠そうな顔をしているのに、「眠くない」と言い張り、限界までがんばり続けたすえ、おもちゃを持ったまま眠りに落ちるのだそうだ。自然な眠りのリズムにゆったりと身を任せようとしないさまは、母親の抱っこに身をまかせない赤ちゃんを彷彿とさせる。実際、このような子どもたちは、「眠い」とぐずって母親にまとわりつくことが少ない。また、添い寝をしてやっても、母親と距離を置きたがったり、背中を向けて寝るような傾向がある。
 ところが甘え上手になってくると、眠くなった時、しっかりと母親にまとわりついてくるようになる。また、寝つきがよくなったり、ぐっすりと眠れるようになってくるのだ。

 このように、睡眠に関して特に困った問題を抱える子どもは、割合的には少ないだろう。しかし、それは氷山の一角なのだ。子どもの就寝時間が遅くなっている原因の一つに、子どもたち全体に感情抑圧傾向が高まっていて、体の緊張レベルが上がっていることが考えられるのではないだろうか。だとすれば、「ちゃんと寝なさい!」と、寝ることに対して努力を強いるような接し方は、逆効果になってしまう。努力や頑張りは、体の緊張レベルを上げることに繋がるからだ。「頑張ってリラックスしなさい」という要求は、それ自体が矛盾している。
 大人社会でも、年々、不眠症が深刻化している。3人に1人が睡眠障害に悩んでいると言われるアメリカでは、睡眠改善薬、サプリメント、寝具、照明器具などの“快眠産業”が活況を呈しているそうだ。日本でも、4人に1人が何らかの睡眠障害を抱えていると言われ、近い将来、“快眠市場”は3兆円規模に膨れあがるだろうと予測する人もいる。様々な努力によって快眠を得ようと四苦八苦する大人たち。その方向性が正しいかどうかは、子どもたちの現状を観察すれば、はっきりとわかるのではないだろうか。

|

« (3)甘えと発散によるゆるみ | トップページ | (1)「抱きしめてあげて」というCMの功罪 »

■第2章 感情抑圧から、さまざまな問題が生まれる」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。最近長女が寝付けず体調を崩していて、ネット検索していたところ、こちらにたどり着きました。
長女は広汎性発達障害があり、睡眠も浅かったため、普段はメラトニンを服用して眠っていましたが、最近薬を嫌がり、服用しなくなってから、寝つきが悪くなってきたような気がします。
きちんとした検査をしたわけぢゃありませんが、睡眠に何かあるのか、心の問題なのか分からず、どうしてあげたらいいのかと悩む日々です。
先生のように長女の気持ちを出してあげることが出来れば、きっと楽になるのではないかと思いました。
どうすれば心の扉を開いてあげることができるのでしょうか。
彼女の気持ちがみてみたいです。

投稿: k.r.t.mama | 2011年11月24日 (木) 12時52分

お返事が遅くなり、申し訳ありません。m(_ _)m
緊張と弛緩は、すべての現代人に共通の課題だと思っています。
私の著書を注文してくださったのですね。お子さんのタイプだったら、一番のオススメは『ちょっと気になる子の育て方』ですね。きっと、お役に立てると思いますよ。

投稿: ぴっかり | 2007年12月 8日 (土) 18時54分

はじめて読ませていただきました。
娘(5歳)が緊張症で、人前で何かをしようとすると舌を口の中で突っ張っているようで、まるで大きなアメを舐めているかのようです。
それが心配で、「子ども 緊張」と検索して、こちらにたどり着きました。
で、知りました。娘も私に背を向けて寝たり、最近は「眠れないから、あっちを向いて」とまで言います。
これも緊張が原因だったのですね…。

何とか緊張を解いてあげる方法はないでしょうか。
とにかくと思い、先生の著書をアマゾンで注文させていただきました。
娘を穏やかにしてあげたいです…。

投稿: さり | 2007年11月 9日 (金) 01時48分

ありがとうございます。
今後とも、ご愛読くださいね。(^o^)/

投稿: ぴっかり | 2007年10月 4日 (木) 11時45分

はじめまして。ぴっかりさんの育児相談室などよく拝見させていただき、とっても勇気をもらってます。
子育てって本当に悩むことが多くて。。
今回ブログの記事に育児のマグマグの相談内容がとてもよかったので、ご紹介させていただきました。
今後もよろしくお願いします。

投稿: みお | 2007年10月 3日 (水) 15時03分

●rinさんへ
私自身が「寝つきが悪い子ども」だったし、大人になってからも、睡眠に関する変なこだわりに縛られていましたので、とても人ごととは思えません(そのあたりの経過は、『子育てと自分さがしが出会う場所』にも書きましたが)。「感情抑圧傾向」といい、私自身が「時代を先取り」した子どもだったのかなあと思います。

●まりもさんへ
「テレビやゲームでは、真に緩むことはできないのではないだろうか」というご意見、鋭すぎますぅ~~~! なぜなら、この次の項で、そのことを書こうと思っていますから。発表は来月になりますが、乞うご期待!

●たいりょうさんへ
家の場合は、全く反対でした。上の子が赤ちゃんの頃から寝つきが悪く、甘え上手の下の子は、「転がしておいても寝てしまう」という感じでした。上の子は、いつのまにか、寝つきが良くなりましたが、それはたぶん、「自分で自分の体の緩め方がわかってきた」ということも大きかったんじゃないかなあとも思います。

投稿: ぴっかり | 2007年9月21日 (金) 23時39分

まさに次男のことだと思いました。
長男はおやすみ3秒で寝てしまうほど寝つきがものすごくいいんです。
次男は寝るまでに1時間以上かかります。
長男はすぐ寝るのになんであなたは寝られないの・・・と何度言ってしまったかわかりません。
さっと寝られないことに文句を言ってしまいます。あなたが寝てからお母さんはやることがあるんだから早く寝てと・・・
一生懸命寝ようとしてるのにそうすればするほど寝られなくなってるでしょうね。
いつも我慢強く甘え下手な次男は、たくさんの気持ちを抱え込んでいるようです。
いつも長男の用事に振り回されてるので
寝る前は次男との時間だと思うようにして
今夜からは彼が眠くなるまでのんびり構えて行こうと思います。
いろいろな気づきがありました、ありがとうございました。

投稿: たいりょう | 2007年9月21日 (金) 12時43分

「しつけ以前に、昔の子どもの体には、夜更かしができないような自然なリズムが備わっていたのではないだろうか。」「子どもの就寝時間が遅くなっている原因の一つに、子どもたち全体に感情抑圧傾向が高まっていて、体の緊張レベルが上がっていることが考えられるのではないだろうか。」

とても興味深いお話を、どうもありがとうございます。目からウロコ、の気分になりました。わが家の一人息子も小学校1年生、母の私は「早寝早起き朝ごはん」運動のプレッシャーを日々感じながら、夕方から夜にかけては、イライライライラ、ガミガミ怒ってばかりの毎日です。「9時までに寝かせなければ!!それなのに、宿題は終わっていない、お風呂にも入っていない、歯磨きをしていない、もちろん明日の準備も終わっていない、仕上げ磨きも完ぺきにするように歯医者さんや学校の保健の先生に指導されているし…あああああーー!!!なのにウチの子は、なんでこんなにのんびりしているの~~~~!!!」という具合で、今日も、虐待してしまうかと思うくらいのイライラを感じて、テーブルをバンバン叩いてしまいました…。

そうして、先生のこのお話を思い出し、ついついテレビを見続けてしまう息子を思い、ぼんやり考えたことは…、
「テレビを見ることは、リラックスすること」だとこれまで信じてきましたが、子どもの生活には、もっと深くリラックスすること、真に緩むことが必要なのかなあ…ということです。「テレビやゲームでは、真に緩むことはできないのではないだろうか」と思い至りました。
そうして、親の私が「今日こそは、9時までに寝かせるぞ!」と、緊張・頑張りモードになってしまっていて、それが息子にとってはまた悪い環境になってしまっているのだろうなあ…と…

今日も、学校から「早寝、早起きの重要性」などがテーマの講演会のおしらせが配られてきました…。
当面試行錯誤の毎日がまだまだ続きそうですが、先生のお話から、何かすこし糸口がつかめそうな気がしています。どうもありがとうございました。長々と失礼いたしました。
(…大事なことは、結局「親子ともに真に緩む時間を作ること」なのだろうなあ…と気がつきましたが…これが難しいんですよね、専業主婦だから時間はいっぱいあるのにもかかわらず…愚痴になってしまってすみません…)

投稿: まりも | 2007年9月19日 (水) 22時37分

今回の記事を読んで、子供が1歳3ヶ月で保育園に行きだした頃のことを思い出しました。
もともとあまり寝ない子で、昼間の出来事が睡眠に影響するタイプでしたが、保育園に行き始めてから1ヶ月くらいは、毎晩激しい夜泣きをしていました。突然起きて走り出したりもしてました。
昼間保育園では「結構すんなりなじんでいる」と先生から聞いていましたから、溜め込んだものが全部夜に出てるんだなとは思ったものの、当時は私に余裕がなく、2人ともトヘトでした。
今となっては、起きている間にもう少し上手に緊張をほぐしてあげられれば、あれほどひどくはならなかったのに…と思います。かわいそうなことをしたという気持ちと、今はしっかり受け止められてるのかな?という思いを感じました。

投稿: rin | 2007年9月17日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (3)甘えと発散によるゆるみ | トップページ | (1)「抱きしめてあげて」というCMの功罪 »