« (1)「抱きしめてあげて」というCMの功罪 | トップページ | (3)“らしさ”が失われたわけ »

(2)「親になりすぎている」親

 女性でも、「子どもを作らない生き方」を選ぶ人が珍しくなくなってきた時代だ。それでも子どもを産み、母親になることを選択した女性たちだから、子育てに対する意識は高い人が多い。ところが、親である責任を感じすぎ、「良い母親になろう」と無理をしすぎて、深刻なストレスを溜めこんでしまうケースが増えている。
 親としての自覚が足りないのではなく、むしろ「親になりすぎている」母親たちだ。理性的に行動しようとするがあまり、どんなに疲れていても子どもの前では笑顔でいよう、腹が立っても怒らないようにしようと、自分の感情を無理に抑え込んで頑張ろうとする。ところが、溜めこみ続けたマイナス感情は、臨界点を越えると一気に吹き出てしまうのだ。これではいけないと、さらに感情を封じ込めようと頑張るので、どんどん泥沼に落ち込んでしまう。このような悪循環の末に、育児放棄や幼児虐待に至ったケースも多いのではないだろうか。

 このような母親にとって、「もっと母親らしくしなさい」「子どもを抱きしめてあげなさい」という言葉はつらい。まず先に抱きしめられるべきは、疲れ切った母親の方なのだ。周囲の人にしっかり支えられ、心を抱きしめられた母親は、必ずわが子を抱きしめることができるようになる。
 Sさんは、カウンセリングに訪れるたびに、苦しい胸の内を訴え、子どものようにおんおん泣いた。やがて、ご主人に対しても、苦しい気持ちを伝えられるようになった。すると次第に気持ちが楽になっていき、子どもにダダをこねられても、しつこく甘えられても、それほどイライラしなくなったのだ。

 Sさんほどではなくても、今の母親は、心に疲れを溜めこんでいる人が多い。
 子育て講演会で話をさせてもらった時、「頑張っているママたちへのプレゼント」として、簡単な実技をやってもらうことがある。母親同士で2人組になり、ひとりは座り、もうひとりはその後ろに立つのだ。そして後ろの人に、「前の人の肩の上を見てください。目には見えないけれども、そこに“親としての大変さ”がたくさん載っている感じでしょう? そのことを感じながら、『いつもよくやっているよ。あなたはステキなお母さんだよ』という思いを込めて、両肩にそっとふれてあげてください」とお願いする。前の人には目を閉じてもらい、ふれられている手のひらの暖かさを、じわっと感じてもらうのだ。次に後ろの人は、「よくがんばっているよ」と言いながら、前の人の頭をなでてあげる。
 このあたりまでくると、最初は照れていた母親たちも、あちらでひとり、こちらでひとりと、次々に涙を流しはじめる。人にふれてもらうと、きつく閉まっていた心の扉が開きやすくなるのだ。体験した母親たちは、「まさか、自分が泣いてしまうとは思いませんでした。自分が思っている以上に、心が疲れているのですね」と、みな一様に驚く。

 このような母親たちがいる一方で、大人としての自覚をもたない「親になりきれていない親」がいる。自分の感情のおもむくままに、勝手な行動を繰り返す親。このようなタイプの親に対しては、逆に、「親らしくしなさい」と、厳しく理性を促すことが必要なのだろう。
 テレビのドキュメンタリー番組で、「叱ってくれること」で有名な占い師の話題が取り上げられていた。「そうやってグダグダ言っていないで、やることやるのっ! もっと、がんばりなさいよ!」と、こっぴどく叱られて涙を流す女子校生は、その日が3回目の来訪だという。「親以上に親身になってくれるんです。うちの親は、叱ってくれないから」というその子の言葉に、なるほどと思った。
 子どもも、大人も、優しく受けとめてもらうことによって実力が発揮できるタイプと、厳しく迫られることによってハッと気づき、理性が働きはじめるタイプの人がいるのだ。

 「親になりきれない親」と「親になりすぎている親」の二極化。このことは、幼稚園や保育園でも、学校でも、現場の先生たちの悩みの種だという。子育て講演会を開いても、来なくても大丈夫な親ばかりが出席し、「話を聞いて反省してほしい」と思うような親は、なかなか来てくれない。「子どもの気持ちを受けとめてあげて」と配布物で呼びかけると、読んでほしい親には無視され、その一方で、過剰反応してしまう親がいる。
 政府や地方自治体が、「子育ての手引き」のような物を配布したとしても、同じような状況を招いてしまうことは想像に難くない。二極化の時代には、親全体を対象とした子育て支援策ではなく、ひとりひとりの親の個性に寄り添える、草の根的な子育て支援策が必要なのだ。

 「それにしても、今どきの母親は、なんと手間がかかることか」と嘆く人もいるだろう。身勝手な親には、「昔の母親は、もっと母親らしかった」と言いたくなるし、気にしすぎる親には、「今の若い人はひ弱すぎる。昔の母親はもっとデンと構えていたものだ」と嘆きたくなるかもしれない。
 しかし親のタイプの二極化は、若い人たちのせいではないのだ。それはいわば、前の世代の人たちが作り上げてきた、今の日本の社会状況、思考様式の変化の、当然の結果なのである。

|

« (1)「抱きしめてあげて」というCMの功罪 | トップページ | (3)“らしさ”が失われたわけ »

■第4章 いま、大人たちに何が起きているのか」カテゴリの記事

コメント

コメント、遅くなりました。m(_ _)m
「昔は、ただ生き延びるために生きていた」「今は、何のために生きるのかと自問しながら一つ一つ確かめて進んでいる」・・・まったくその通りだと思います。物質的な豊かさを獲得してしまったような観がある日本の社会においては、精神的な豊かさとは何か?という、いわば「本題」に目を向けざるを得ない状況が広がってきているのでしょうね。

投稿: ぴっかり | 2007年10月 4日 (木) 11時44分

『しかし親のタイプの二極化は、若い人たちのせいではないのだ。それはいわば、前の世代の人たちが作り上げてきた、今の日本の社会状況、思考様式の変化の、当然の結果なのである。』

子育てを通じてたくさんのことに出会い、最近ぴっかりさんの上述の部分に行き着きました。

本当に前例の無い時代を今子育てし、子ども達はそこで育っているのだと思います。前例の無い物質的に恵まれた時代。と同時に、心の空虚な時代。

大袈裟に聞こえるかもしれないけど、それは人類としての初めての局面なのかもしれませんね。

だからこそ、本当に人と人のぬくもりが全てを癒す根本であるような気がします。

昔はただ生き延びるために生きていたのが、今は何のために生きるのかと自問しながら一つ一つ確かめて進んでいるようで、これが本当にこの世の進む方向を決めていくのでしょうね。

夢や希望を忘れずに進んでいきたいです。

投稿: mikimam | 2007年9月21日 (金) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (1)「抱きしめてあげて」というCMの功罪 | トップページ | (3)“らしさ”が失われたわけ »