« (7)テレビ漬けは、子どもをダメにするか? | トップページ | (2)感情体験が果たす役割 »

(1)隠された感情抑圧の結末

 子どもの行動・性格面に関するさまざまな問題の根っこには、感情抑圧のメカニズムがある。このことは、すでに出版されている私の著書の中でたびたび触れてきたし、相談室を訪れる親たちにも説明してきた。子どもの心のからくりを知った親たちは、「不可解な行動の原因が、やっと理解できた」と胸をなでおろす。しかし一方で、「感情抑圧傾向をもったまま成長していくと、この先、どんな人間になってしまうのだろう」と不安を漏らす人も少なくない。
 しかしその点について、私の見方は楽観的だ。たしかに幼児や小学校低学年など、比較的早い段階で破綻をきたし、なんらかの問題が生じるのは、特に感情抑圧の傾向が強いタイプの子どもたちだ。しかし、そのぶん早めに対応し、マイナス感情の発散や自己表現を促していけば、予後は悪くない。「親が気づいてあげる」ということのもつ影響力はとても大きく、それだけで、子どもの心に大きな変化が起きることも珍しくないのだ。

 問題はむしろ、目立った問題がないまま大きくなっていった子どもたちである。周囲の大人が気づかないままマイナス感情をため込み続け、中学生や高校生になってやっと臨界点を迎えた場合、事態は深刻だ。日々、さまざまな事件の報道に接していると、背後に感情抑圧のメカニズムの存在を感じることがあまりにも多い。
 たとえば対人緊張が強い子どもは、親に対してさえリラックスして甘えることができにくい面がある。それが、甘え上手になってくると、人に対する緊張も少し緩んでくる。さらに変化が進むと、今度は、親に対してダダをこねる時期がくる。これはいわば自己主張の練習であり、その結果、友だちとも緊張しないでやりとりできるだけの「心の力」がついていくのだ。相談を受けたケースの多くが、同じような経過をたどる。
 このような変化が、中高校生になってから一気に起きた場合、「不登校の末、家で暴れ始める」ということになるのだろう。不登校やひきこもりは、「親のそばにいて、甘えたい」という欲求の表れだ。しかし、進学に向けて学校の授業がどんどん進んでいく状況では、ゆったりと甘えさせるという選択肢は受け入れがたい。家庭内暴力は、自己主張のためのダダこねと本質は同じだ。しかし、小さい子どものダダこねやかんしゃくでさえ、親は対応に苦慮する。それが中高校生ともなると、簡単には受け止めきれなくなる。まして、長年にわたって溜め込んだ怒りが一気に爆発した場合は、想像を超えるすさまじさになるだろう。

 あるいはまた、「すぐに親を叩いたり、噛みついたりする」という子どもの相談を受けることがある。叱るとよけいに叩いてきたり、ひどいかんしゃくを起こして物や友だちに当たる。かといって、優しく諭すだけでは収まらず、対応に困って相談にみえるのだ。
 このような行動は、実は、ダダこね下手の子どもによく見られるものである。ダダこね上手の子どもの場合は、「ママのバカ!」と叫んで大声で泣いたり、地面にひっくり返って暴れたりと、ストレートに感情を表現することができる。しかし、叩く・噛みつくという行動は、屈折してしまった感情表現なのである。このような子どもへの対応は、叩いてくる手をつかんで制止してやることである。すると当然、子どもは手を振り切ろうとして暴れ出す。しかし、それでよいのだ。全身で暴れるという行為は、気持ちが発散しやすい上手なダダのこね方なのだから。乱暴をしようとする手や体を保持し続けると、子どもは全身で暴れるが、やがて気持ちを出し切り、すとんと落ち着く。このような対応を続けていると、子どもはみるみるダダこね上手になっていくのだ。
 受容的な態度で接しようとする母親が、「叩くまま・噛みつくままにさせておいたところ、子どもの行動がどんどんエスカレートしてきた」と相談に訪れることがある。どうして、エスカレートしていくのか? それは、叩く・噛みつくという行動が“抑圧のかかった感情表現”であるため、いくら叩かせてもらっても、子どもはちっともすっきりしないからである。それに子ども自身、「親を叩く」という行為がいけないことだと、本当はよく分かっており、つい叩いてしまう自分に内心いらだっているのだ。そんな子どもが、屈折したダダこね表現を止めてもらい、全身で暴れるというストレートな感情表現に導いてもらうと、「ああ、これこそ、自分がやりたかった行動だ」と実感し、かえって親に対する信頼感は増してくるのだ。

 しかし同じようなことが、中学生になってから起きるとしたら、どういうことになるだろうか。それが現実化した悲惨な事件が、1996年11月に、東京都文京区で起きた。ひとりの父親が、「金属バットで息子を殴り殺した」と警察に自首してきたのだ。当時中学3年生だった長男は断続的な不登校状態にあり、家族に対して殴る蹴るなどの暴力をふるい続けていた。身の危険を感じた母親と姉は家を出たが、父親だけは家に残り、長男の立ち直りを模索し続ける。カウンセラーの助言のもと、父親がとった方針は“完全受容”だった。いくら暴力を振るわれても抵抗することなく、なされるがままに受け止める。そんな生活に2年半にわたって耐え続けたあげく、ついに我慢の限界を超え犯行におよんだのだ。
 何とか子どもを立ち直らせようと、歯を食いしばって耐え続けたであろう父親の心境を思うと、とても責める気持ちにはなれない。しかし子どもは、父親に暴力を止めてほしかったのだと思う。甘んじて暴力を受け続ける父親に対していらだち、それ以上に、暴力を振るう自分自身に対していらだっていたはずだ。殴り続ける子どもの苦しみと、殴られ続ける父親の苦しみ。“感情抑圧のメカニズム”という視点さえあれば、すれ違っていた2つの苦しみが出会い、和解へと進むことができたのではあるまいか。そう考えると、残念でならない。

|

« (7)テレビ漬けは、子どもをダメにするか? | トップページ | (2)感情体験が果たす役割 »

■第3章 「ふつうの子ども」が心配な理由」カテゴリの記事

コメント

「病気」とか、「心の治療が必要な人」というふうに見える人も、本質的なところは私たちと同じで、むしろ、「私たちが見過ごしている“大切な何か”と、しっかり向き合っている(向き合わざるをえない)人たち」と言えるのではないでしょうか。
そういう意味で、サポートする人が、「私は助ける人で、あなたは助けられる人」という意識のままだと、悪循環がかえって進行してしまうことにもなりかねませんね。「一緒に、“大切な何か”を見つめていく」という気持ちでつきあっていくことで、お互い、より多くの発見ができるのだと思います。

投稿: ぴっかり | 2007年12月19日 (水) 11時40分

すごく興味深いお話です…

感情抑制傾向を持つ子供が大人になったら…

まさに私のごく身近にも、不幸な事に何の対策もされないまま大人になってしまった人がいます。
そして、今ものすごい勢いで(とは言っても自分のペースで)成長しています。

そこで私が一番大事だな、と思ったのは
病気の人も、それをサポートする人も、お互いに
”とにかく無理をしない”という事だなと感じました。

心を治療するというのは本当に大変ですね…
自分の感情を表に出せる、という事はそれだけで素晴らしい事なのですね。

投稿: ゆうこ | 2007年12月18日 (火) 12時57分

兼子さん、はじめまして。m(_ _)m

そうですね。親と子で、「人生の課題」がリンクしていることって、とても多いですね。それを、「問題のある親だから、子どもに悪影響を及ぼしている」という言い方をする人がいますが、ちょっと違いますよね。
子どもは無意識のうちに、「お父さん・お母さん、もっとシアワセに生きていく道があると思うよ」というメッセージを投げかけてくれているのだと思います。課題が同じということは、「人生の仲間」。「一緒に情報交換をしあって、より良い生き方を探していこうね」と、むしろ手を取り合って歩んでいきやすいのではないでしょうか。

青少年の問題や、ニートの増加をどう考えるのかなどについて、次回(といっても、来年の1月中旬ですが)、もう少しつっこんだ私の考えを述べてみたいと思います。また、お寄りいただければ嬉しいです。(^o^)/

投稿: ぴっかり | 2007年12月15日 (土) 22時44分

はじめまして。
このお父さんも、きっと抑圧傾向の強い方だったんでしょうね。

私はひきこもりやニート状態の若者とその家族をサポートしていますが、親子でまったく同じ課題を抱えていることに、毎回驚かされます。
子どものことを話していても、最終的にはいつも親自身の課題に行き着きます。
子どもが何歳であろうと、きっと同じなんでしょうね。

投稿: 兼子 | 2007年12月15日 (土) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (7)テレビ漬けは、子どもをダメにするか? | トップページ | (2)感情体験が果たす役割 »