« (1)隠された感情抑圧の結末 | トップページ | (3)ホンネって、なんだろう? »

(2)感情体験が果たす役割

 「聞き分けが悪く、叱ってもニヤニヤするだけで反省しない」という2歳の男の子。私が母親と話している最中に、母親のカバンを勝手に開け、中に入っていた携帯電話や手帳などを床にばらまき始めた。母親に注意されても、あいまいな笑顔のままいたずらを続けている。さらに強く叱ると、カバンを投げ飛ばして大暴れをはじめた。
 親に叱られた時、ふつう子どもは、ムッとしたり、べそをかいたり、ばつの悪そうな顔をしたりするものだ。しかし、そういったマイナス感情の表現を回避しようとする子どもは、とりあえず“笑顔の仮面”をかぶって、気持ちの動揺を悟られまいとするのだ。
 感情抑圧傾向をもつ子どもは、こわばった感じの無表情だったり、いつも不機嫌な顔だったりと表情の変化に乏しい場合もあるが、それだけだとは限らない。この例のように、「ふだんはニコニコしているが多いが、ため込んだストレスが臨界点に達すると、ひどいかんしゃくを起こす」というパターン、つまり「笑うか、怒るか」の両極端を往復するタイプの子どもも意外に多いのだ。

 少し抑圧がゆるむと、「泣く」という表現が加わる(抑圧傾向が強い子どもの場合、ほとんどは“怒り泣き”で、それは親に向けての「表現行為」というより、単なる「怒りの暴発」だ)。ふぇ~んと甘えるように泣いたり、しくしくと悲しそうに泣いたり、あるいは怖そうに泣いたりと、多様な感情表現を伴った泣きに変化してくるのだ。
 さらに自己表現が進むと、笑いについても、嬉しそうに笑う・恥ずかしそうに笑う・照れくさそうに笑うといった彩りが出てくる。「期待と不安の入りまじった表情」といったように、複数の感情が葛藤する表情も見られるようになる。甘え上手な子どもが可愛らしく感じられるのは、このように表情が豊かで、心の内が手に取るようにわかりやすいからである。
 TVなどで発展途上国の子どもを見ると、どの子にも実に生き生きとした表情をしていて驚くことがあるだろう。それは感情抑圧傾向が少なく、ホンネの感情をむきだしに表現していることによる可愛らしさなのだ。日本でも昔は、似たような素朴な雰囲気をもつ“ガキ”がたくさんいたはずだ。それに比べ、今どきの日本の子どもの表情はスマートだが、どことなく大人びていて、「子どもらしくない」と感じられることが多い。これは程度の差はあれ、子どもたち全体に感情抑圧傾向が進んできていることの表れなのだ。

 小さな子どもは、3歳前後のいわゆる反抗期の時期に、自己主張の力が強くなる。むき出しの感情を他者にぶつけることにより、自己表現の技術を高めていくのだ。もっとも、要求がすべて通るわけではない。相手から反撃を食らったり、嫌がられたりするといった失敗経験を通して、自己抑制の必要性も同時に学んでいくのだ。
 自己表現と自己抑制のバランスの取り方がうまくなってくると、少しだけわがままをしてみて、相手の出方をうかがい、「まだ大丈夫」とか「これ以上やると、怒りそうだ」と判断し、自己主張の程度を調節していけるようになる。もちろん、いつも相手の気持ちに合わせているわけにはいかず、譲歩できない切実な要求が生じることもあるだろう。そういう場合も含めて、「相手の気持ちを感じ取りながら、自己主張のバランスを考えていく」という経験を積むなかで子どもは、人とのコミュニケーション技術を身につけていくのだ。
 それは、否定的な意味での「人の顔色をうかがう」態度とは違う。その場の空気を読んだり、相手とのほどよい距離の取り方を考えていったりすることは、人間関係の基本なのだ。
 ところが、感情抑圧傾向がある子どもは、自己表現をできるだけ出さないように頑張り続け、臨界点に達すると爆発してしまうということを繰り返す。つまり、ホンネの感情が飛び出すか否かは、「我慢ができるかどうか」によるのであって、「相手がどんな気持ちでいるのか」ということとは無関係なのだ。相手の気持ちを感じ取る必要がないとすると、当然、そういった面での力が身につきにくくなってしまう。
 その影響は、中高校生の友人関係に垣間見ることができるだろう。

 今どきの中高校生を見ていると、一見スマートな人間関係のようだが、自分のホンネをしまい込み、あたりさわりのない会話に終始しているように思えてしかたがない。「喜怒哀楽の表現を繰り出し、失敗を重ねながら仲間との関係を作っていく」というやり方は、今どきの子どもたちからすると、リスクが大きすぎると感じられるのだろう。
 ホンネを表現しようとない友だちの気持ちは、読み取りにくい。たとえホンネが垣間見られたとしても、気持ちを感じ取る力自体が弱い。このような状況で、友人関係を築いていくのはとても大変なことだ。それこそ、友だちの顔色をうかがいながら、疑心暗鬼のまま行動していくしかない。「ケンカはしても、心の底では通じ合っている」と確信できた、昔の子どもの仲間関係とは大きく違うのだ。人間関係に疲れ切ってしまう子どもが増えているのも、当然なのではないだろうか。

|

« (1)隠された感情抑圧の結末 | トップページ | (3)ホンネって、なんだろう? »

■第3章 「ふつうの子ども」が心配な理由」カテゴリの記事

コメント

映画『ALWAYS・三丁目の夕日』は、私の子ども時代と同じ頃です。ああいった「古き良き時代」に戻れば…という人もいますが、それは無理だと思いますね。それには、深~いわけがあって、その切実な理由の本質はあまり注目されていないので、第2章で詳しく論じたいと思います。
それをふまえた上で、「いま、私たちが目を向けていくべきこと」「今できる第一歩」を、第3章で提案していく…という先の長い文章ですが、どうぞ、気長にお付き合いくださ~い!(^o^)/

投稿: ぴっかり | 2007年12月26日 (水) 23時11分

かなり個性的な両親で一般的な善悪の子育てから逸脱した家庭で育ちましたが、家族のバランスが良かったのと意外な事ばかりが私には功を奏しとても幸せでした。
そんな家庭でしたので、自分が家庭を築いたとき、何を気づきどうしたら良いか、どこまで理解できてどういう伝わり方をしたのか、夫婦であっても親子であってもわかりませんし、伝わりやすいにくい、合う合わないも親子でありますし、何が功を奏するのかもわからないのでとても悩む毎日です。
自分がどれだけ見抜いて理解して具体的に行動できるのかもわかりませんし。。
ぴっかりさんや他の批評家のように家庭内の事件をこうしたら良かったなども、そんな自信も確かな事もないので言えません。
自分の家庭を冷静に客観的にみてバランスをとることはとても難しいです。
日本の社会全体が感情抑圧傾向であり、感情抑圧しないで一生を過ごす事は難しいとされる中、昔の良き時代と言われる頃や子供らしい子供を求めるのは酷なようにも思えます。
今この時代をどう生き抜くか私自身も生き抜かなければいけないため正直不安で仕方ない事もありますが、ぴっかりさんの言葉や周りの人に助けられながら、泥臭い毎日を少しでも楽しんでいけたらいいなと思ってます。

投稿: しー | 2007年12月26日 (水) 17時04分

●はっぴーさんへ
子育ての悩みをきっかけに、親自身の生き方を見つめ直すことになるケースは、たくさんありますね。私自身が、まさにそうでしたから。
感情抑圧傾向は、現代の日本人全般に、深く進行している状況です。早くからそこに気づいて格闘している親子は、世の中のみんながそれに気づきはじめた時、「どう抜け出していくのか」というモデルを示す“先駆者”になるのではないでしょうか。「道を開いていく人」としての苦難と誇りを、しっかりと引き受けていきたいものですね。お互い!

●ぱらいそさんへ
「この子の感情抑圧傾向を、なんとかしてあげなくっちゃ!」と、親が自分の感情を抑圧しながら頑張ると、かえって子どもの抑圧傾向が強くなることがあるみたいですね。子どもへの働きかけつつ、同時にそのことによって、親自身も気持ちが解放されるような方法が、必要なのではないでしょうか。
ただ、その具体的な進め方については、このブログではほとんどふれていません。宣伝めいて恐縮ですが、『ちょっと気になる子の育て方』で詳しく書きましたので、ぜひ読んでみてくださいね。図書館にも置いてあると思いますよ。

投稿: ぴっかり | 2007年12月18日 (火) 11時30分

相手の気持ちを感じ取りながら、自己主張のバランスをとっていく・・・これは本当に人間関係の基礎で、多くの経験によって培われていくんだろうなあと思います。でも自分の気持ちがいっぱいいっぱいだと、そんな余裕もないですよね。


うちの子は小学生ですが、まだ指しゃぶりがやめられません。友達関係もとても不安です。どこかで感情を抑圧している、と思います。至らない親でどうしたら良いのかわかりません。でもそれに気づいただけでも良かったと思います。

昔はカウンセリングを受けたりしてたのですが、やはり高額ですし自分に合った先生に出会うのも大変です。子育て中こそそういったケアが必要と思うのに、時間的経済的にとても無理です。ぴっかりさんのお話をここで読めることがとても貴重です。

投稿: ぱらいそ | 2007年12月17日 (月) 12時07分

早く続きを読みたくて、待ってました。待たされるとなんか嬉しさも大きかったりして。ぴっかりさんいつもありがとうございます。私は二人の不登校児の母です。しっぽさんのコメントを読んで、私も書きたくなりました。うちも家族全員が感情抑圧タイプで共通するところがたくさんあるように思いました。なかなか自分の思いとぴったりくるカウンセラーの方とめぐり合えなかったのと、経済的な問題もあり、図書館で本をかりたり、ぴっかりさんのホームページに出会ったり、人とではなく書物を読んで自分なりに考えることで今日に至っています。私自身に余裕がなければ子どものことも余裕を持って今こうして育っているんだなーなんてみることはできませんよね。ぴっかりさんにはそういうことを教えてもらえたと思って感謝しています。子どもの不登校によって、私自身が家族、教育について、本当に深く考え学ぶようになりました。主人からも子どもからもいろんなことを聞いて、こんな人だったのか、こんなことを考えているのかと新たな気持ちで家族と向き合っているところです。ぴっかりさんのお話は、ああそうそうそう思います。ということがいっぱいで、いつかあってお話してみたいと夢を持つこともできました。これからも楽しみにしています。

投稿: はっぴー | 2007年12月17日 (月) 09時39分

「感情抑圧傾向があるとわかったほうが、深く潜行してしまう前に、早めにそれと向きあっていける」ということは、子どもに対しても、大人自身についても言えることですね。
専門家についてですが。専門家にもいろいろな方がいらっしゃって、一概には言えないと思うのですが…。感情に触れていくことを職業にしているだけに、かえって巻き込まれないようにするために、ガードが強くなってしまう傾向があるのかもしれません。
「ナマの感情を生き生きと味わう」ということと、「感情を分析的に検討する」ということはずいぶん違います。後者の態度を取ることが、感情抑圧の手段になることもあるわけで。感情を抑圧したいという無意識の欲求から、後者のノウハウを学ぼうとして、専門家の道を歩む人もいるのではないでしょうか。かつての私がそうでしたから。(;^_^A

投稿: ぴっかり | 2007年12月17日 (月) 00時14分

今回、たくさんの文章に納得し、そうそう・・・と思って読みました。私の場合、感情抑圧傾向の子供は私そのものであり、子供はそれに拍車をかけたタイプです。でも、それは私だけではなく、主人もかなりの感情抑圧タイプです。でも多くの場合そうであるように仕事ができれば父親はそういうことと向き合う必要に迫られないので、主人自身はそのことにきづいていません。夫婦関係も非常に苦労しています。今までも、ぴっかりさんの文章に、いつも、子供の部分に自分をあてはめて納得していました。そして、不登校の子供と付き合いながら、ぴっかりさんの言うように私が先に楽になっていい、と自分を勇気付け、長い時間かけて、ずいぶん楽になってきました。でも世間・・・というか、スクールカウンセラーをはじめ、専門家は非常に厳しいです。(まだ何も知らない人のほうが大変ね、とやさしいくらいです)親の至らない点を指摘し変えようとします。自分でわかって努力しています。それで今の状態があり、苦労しているのに・・・。そんな専門家との関係に私はつかれきってしまいました。幸い・・・病気をして手術入院することで私はすべてを放り出して自分自身人生の休憩をする期間に恵まれました。私だって自分の至らないことはわかっている。だけど、自分が親の大変さを見て親に甘えないで子供時代をすごし、親になってしまったんです。そのこともわかっているし、伝えました。でも・・・そんな親の気持ちってわからないだろうし、専門家はそんなをわかっていないから、悪いことを教え変えてやることを自分の仕事だと思っているのでしょうね。それがよけい苦しめるのに。自分のチャイルドを育てながら親をしなければならないんです。そんな親を責めないで、ってやっと思えるようになった。専門家に言われると、ますます自分にムリさせることを強いてしまう。自分にムリしていることさえそのことに気づかない。専門家と意を決してがんばって離れることでやっと楽になってきた。自分のペースで自分を信じて、自分を否定しないで生きていけるようになってきた。そこが始まり。スタート。きっと私みたいな親は結構いるはず。私はスクールカウンセラーに自分がACであることもはじめの会話で伝えた。それで私のカウンセリングを含めてとカウンセラーから言われた。それが間違いだったのだと気づいた。深く深く傷つき、心も体も疲弊しきって彼女ともうこれ以上付き合えないと悟ってからだった。私みたいな親って私だけじゃないと思う。そんな苦しい思いをしながら子供の問題に向かっている親の苦しさもうかばれるよう、よくがんばってるんだって、自分が認められるようそんな思いをもって読んでいます。何がどう苦しいのか、なぜ苦しいのか、それもわからなくて苦しんでいるだろう我慢して育って、いい親になろうとしているけなげな親たち、そんな親が世間や専門家からこれ以上傷つけられずに受容されて前に進めるようなきっかけが得られるように願っています。

投稿: しっぽ | 2007年12月16日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (1)隠された感情抑圧の結末 | トップページ | (3)ホンネって、なんだろう? »