« (5)自己責任の重圧 | トップページ | (7)“問題点探しと改善”がもたらしたもの(その1) »

(6)夢と希望に満ちていた時代

 映画『ALWAYS・三丁目の夕日』の舞台となっている昭和30年代前半は、奇しくも、私の子ども時代と重なる。戦後の混乱期からようやく抜け出し、高度経済成長の前夜を迎えた時代。人々の多くは、“夢と希望の時代の到来”を肌で感じ、前進への活気に満ちていた。映画の背景に出てくる建設途上の東京タワーは、あの時代がもっていた雰囲気の象徴だった。
 白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫がまだ珍しく、今ほど便利でも裕福でもなかった時代。だが人々は、生き生きと毎日を送っていた。生活に追われてはいたが、どこかのんびりとしていて、重圧があっても「まあ、しかたがないさ」と気軽に考える心の余裕があった。そんなゆったりとした時代の空気の中で、人と人との距離は近かった。
 夢に向かって懸命に走りながらも、気持ちに余裕があったのは、“ゆるんだ生き方”と“ゆるめない生き方”との均衡が保たれていたことに、大きな要因があったのではないだろうか。

 “ゆるんだ生き方”は、たとえば、「細かいことは気にしない」というおおざっぱな生活態度である。当時は、小さなケガなら「ツバでもつけておけ」で済まされたし、風邪をひいても「早めに寝ろ」と言われるぐらいで、よほどの高熱でもない限りは、医者の世話にはならなかった。いつも青っぱなを垂らしている子どもがいても、親や先生はさほど気にしているふうではない。サッシがなく隙間が多いので、ハエや蚊が家の中に容易に入ってくるが、今ほど目くじらを立てるようなことはなかった。ケガや病気、ハエや蚊などに対する“心の広さ”は、人に対しても同じで、寛容な態度が人と人との距離を近づけたのだ。
 戦後の焼け野原からたくましく復興していった陰にも、「あしたはあしたの風が吹く」と、ものごとを深刻に受け止めない“ゆるんだ生き方”、そのことによるプラス思考がエネルギーとなっていたのだと思う。

 もっともこういったアバウトな生活観は、発展途上国の人々の暮らしぶりにも共通するものがあるだろう。東南アジアのある国を旅行した日本人は、予定の時刻を30分過ぎても列車が来ないことに苛立ち、駅員に詰め寄った。ところが、周囲にいた現地の人々は誰も騒ぐことなく、悠然と待っていることに気づき、“日本人のせっかちさ”が恥ずかしくなったという。
 しかし一方で、このような“悠然さ”が当たり前の国では、合理的・能率的な生産体制は機能しにくい。それゆえに、貧困から抜け出せないという事態も起こりうる。また、ケガや病気、ハエや蚊に対して寛容すぎると、医療や予防医学への関心が低くなり、伝染病の蔓延を招いてしまうということもありうるだろう。
 日本の社会が、そういった国と同じ道を歩まなかったのは、もちまえの勤勉さと器用さゆえ、“ゆるめない生き方”にも長けた資質をもっていたからなのだ。そういった資質を発揮し、欧米流の近代的な生産スタイルを吸収していった結果、それが高度経済成長として花開くことになる。

|

« (5)自己責任の重圧 | トップページ | (7)“問題点探しと改善”がもたらしたもの(その1) »

■第4章 いま、大人たちに何が起きているのか」カテゴリの記事

コメント

●優子さんへ
公衆衛生を勉強しておられるのですね。私は、「公衆衛生」を勉強したことがないので、そちらの方面から見て、どういう部分が共感できるのか、ぜひ教えていただけると嬉しいです。(^-^)

投稿: ぴっかり | 2008年1月18日 (金) 10時55分

難しい問題ですね。反差別・民主化の流れの中では、弱者の自由を取り戻すために、権利の主張が必要だった面がありますから。来月発表する文章で、そのことについて詳しく論じていく予定です。
でも、現状批判だけで終わるのは寂しすぎるので、この文章全体としては、「未来を切り開いていくヒントを得るためにこそ、現実を見つめていく」というスタンスでいきたいと思っています。

投稿: ぴっかり | 2008年1月18日 (金) 10時53分

ここで思い至るのは、やはり社会の欧米化でしょうか?
何でも訴訟社会に近づきつつある今、昔の昭和の頃は理不尽さも全て我慢していたのでしょう。

権利を主張することで、人は真の自由さを失ったような気がします。子ども達はそのうち、アメリカのように皆スクールバスか、親の送り迎えでなくては登校できなくなるかもしれませんね。もう既に、外で一人で遊ぶことも出来ませんから。

おおらかさは、人の生死も身近なものとして受け入れていたけれど、少しでも死ぬ人を少なく!と改善していった結果、出産を医療の手に委ね、死も病院で少しでも遅く迎えられるようにと、人間らしい誕生と最後の時を奪ったのではないでしょうか?その間にある育児・人間の一生がおかしくなるのは当然の流れであったのかもしれません。

投稿: mikimam | 2008年1月15日 (火) 22時51分

はじめまして。今 公衆衛生を勉強しており とても共感出来ました。

投稿: 優子 | 2008年1月14日 (月) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (5)自己責任の重圧 | トップページ | (7)“問題点探しと改善”がもたらしたもの(その1) »