« (3)怒りを楽しむ | トップページ | (5)境界線としての怒り »

(4)じゃれあいが許されない社会

 ある中小企業に勤める人から、古き良き時代の忘年会でのエピソードを聞いたことがある。
 若手社員が酔った勢いで、禿頭の社長に向かって、「ハゲ! ハゲ!」とからみはじめた。まわりの者は止めようとしたが、当の社長は、平然とした顔で酒を飲み続けている。するとその社員は、今度は、マヨネーズのチューブを持ち出し、社長のつるつる頭に塗り始めたのだ。それでも、平然と杯を重ねている社長。そして、頭の塗られたマヨネーズを、社員がペロペロ舐めはじめたところで、さすがにまわりの者が力ずくでやめさせたという。しかしその後も、社長はニヤニヤしながら、何事もなかったように飲み続け、おとがめは一切なかったそうだ。
 なかなか肝っ玉のすわったすごい社長だったようだ。しかし、ただマヨネーズを塗っただけではただの嫌がらせだが、それを舐める行為はいわば親愛の証である。そのことを社長はちゃんと感じ取っていたのだろう。無礼な行動だが、それは子どもが親にじゃれつくようなものだ。どこか腹の奥深くで人間同士が繋がっていた時代は、多少羽目をはずしたところで、すぐに人間関係が破綻してしまうことはなかったのだ。
 しかしこのことは、もともと厳然としたポジションが決まっていて、最後に収まるべき位置が決まっていたからこそのことだったのではないだろうか。

 地縁・血縁による上下関係が厳然と存在していた時代には、一方で、無礼講としての悪ふざけが大目に見られた。非日常的な場面で羽目を外したとしても、それは、日常的なワクを揺るがすものではなかったからだ。小競り合いやケンカも、理性によってではなく、社会的なワクに裏打ちされた「場のもつ限界」によって収束していった。
 ところが、古い社会の因習や差別構造を捨て去り、自由と平等を目指してボーダレス化が進んだ現代社会においては、「不文律としての“場のもつ限界”」という安全弁が機能しなくなる。卒業式を終えた後の“教師へのお礼参り”や、成人式の後の乱痴気騒ぎは昔からあった。しかし、卒業式や成人式そのものを台無しにするような悪ふざけは、ボーダレス社会のひとつの反映だろう。
 自由を許さない社会的なワクは、じゃれあいの暴走を未然に食い止める働きもしていた。しかし社会的なワクが緩み、自由が謳歌できるようになった現代では、自前の理性を働かせて、自ら感情の暴走を食い止める必要があるのだ。

 「同年齢の友だちとの関係がうまくいかない」という子どもも、大人との関係や、年上や年下の子どもとの関係は安定していることが多い。上下関係がはっきりとしている人関係は、距離のとり方が容易なのだ。
 母親たちからは、「ママ友だちとの、距離のとり方が難しい」という声を聞く。それぞれの家の格式や上下関係が明らかだった時代においては、それに応じた固定的な距離のとり方でがはっきりとしていた。しかし自由で流動的な人間関係では、人との距離のとり方が難しく、個々人の試行錯誤が必要となる。
 一番無難なのは、ホンネの気持ちをしまい込んだまま接するということだろう。しかしそうなると、お互いのホンネがますます見えなくなり、仲間はずれにならないように、相手の顔色をうかがうようになってしまうことになる。じゃれあいを許容しあうな“ざっくばらんな関係”を望むのは、危険なカケなのだ。

 このような「自由のもつ負の側面」に閉塞感を覚え、狂信的な集団に身を投じる人々がいる。そういった人たちは、その集団独自のさまざまな制約に縛られ、ワクを与えられることにより、やっと安心感が持てるようになるのだ。
 かつてのナチスドイツがそうだったように、自由な社会がもつ「自己責任・自己決断の大変さ」は、固定的な行動規則へのあこがれを生む。現代の日本の社会がもつ閉塞感を解消する道も、「自由からの逃走」しかないのだろうか。

|

« (3)怒りを楽しむ | トップページ | (5)境界線としての怒り »

■第5章 「コントロール神話」の落とし穴」カテゴリの記事

コメント

とても興味深いお話し、ありがとうございます。
型が決まっていることで、戻る場所があるという安心感を生む。戻る場所があるから、安心してはめを外せる。
こう考えると、親子関係でもきちっと型を作っておいて、ときどきはめを外す(じゃれあう)というのがいいのでしょうね。逆に言えば、『親しい仲にも礼儀あり』ということ。友達関係にも応用が利きそうですね。

投稿: 兼子 | 2008年4月21日 (月) 22時52分

面白い話でした。新入社員にも他の社員にも、社長にとっても一番良いところで事が収まったなと思います。ここまでじっと待てた社長は大物なんでしょう。社長が髪や地位にコンプレックスを持っていたら、こうはならないですね。

今回のお話、いろいろ考えさせられました。自由と平等を目指したボーダーレス化で、正義感や品格もグレーにくすんだように思います。私の身近は、子供を通した学校関係ですが、子供たちの人間関係はどちらかというと、良い悪いとかより、グループ化した中での影響力がものをいう、みたいな感じ。

私は、小学校のいじめ・学級崩壊に関しては、先生が威厳を保つことと、先生方保護者、世論が一丸となって「良いことは良い!悪いことは悪い!いじめをするのは卑怯者の弱虫だ。」と道徳心を、確固たる姿勢で子供に訴え、「いじめられるのは自分が悪いからじゃないし、隠すような恥ずかしいことじゃない。いじめられたら先生に(親に)言って来い。絶対守り抜いてやる!」と、世論・マスコミの影響力も使って、子供たちの意識に訴え対処していくことでずいぶん減るんじゃないかなとも思いますが、甘いかな・・・。子供の中の悪習(チクッたチクられたなど)の影響力のほうが強いでしょうか。
それとも、正義や道徳を世論で訴えるのは、かつてのナチスドイツやカルト集団のような恐ろしさへ傾くような危険性も含んでいるのでしょうか?

投稿: しましま | 2008年3月21日 (金) 13時49分

ぴっかりさん、はじめまして。
ぴっかりさんのサイト、本に出会って、
いろんなことがストンと落ち、救われました。
次男が、いわゆるギャーと泣いていた時期がありました。大体の原因・理由が思い当たっても、複雑な次男の思いも私の思いも、「そうなの!!」と、わかってくれる人も共有してくれる人(夫も母さえも)もいず、長い間親子で苦しんでいたので、ぴっかりさんのお話は「それそれ!そうだったの!」と、もう、ぴったりさんとお呼びしたいくらいでした。楽になることができました。ありがとうございます。
親子や家族の未熟さの問題だけではない社会全体の閉塞感を考えると、自分ひとりが未熟でしんどいのではない安心も少し感じるのですが、一筋縄ではいかない焦燥感のようなものも感じます。
今の時代ボーダーに凝り固まるのも考え物ですが、ボーダーのない人を見ると、言いようのない危機感も感じます(ぴっかりさんは、この言いようのないというか、どういっていいかわからないものを解りやすく書いてくださるのですごい!と思います)。
今回のお話では、夫がむやみにこどもを叱りすぎるのも、お父さんの威厳をきちっと保ちにくいからなのかな、と思い当たりました。
ぴっかりさんのお話を参考に、我が家も楽しくなりたいし、できるだけの人で共有して、もっと人間が人間として豊かに暮らしていけるようになれば良いと切に願います。
これからもご活躍、よろしくお願いします。

投稿: けろみ | 2008年3月21日 (金) 09時10分

今回もとても勉強になりました。
人との距離のとりかたは、幼稚園ぐらいから社会人3年目くらいまでよくよく悩みましたね~。
よくイジメられましたし。
揉め事も盛りだくさん、逃げてもいずれ形が変わっても同じ事が繰り返されると思っていたので根っこから色々考えさせられました。
ただただ楽しく遊べた時期なんてなかったように思います。
分析したり理屈つけたりもしましたが、特に誰の言葉に影響されたわけでもなく、なんでしょうある時からふと楽になりました。漠然としてますが『カン』とでもいうのでしょうか、そういうのが備わったように思います。
今は自由と自由からの逃走のバランスもだいぶとれるようになったかな~と思ってます。
私にとっては悩んで当たり前と思っていたのですが、もう少し悩まず楽な道あったのかもしれませんね~^^;

投稿: しー | 2008年3月21日 (金) 01時43分

ぴっかりさんへ
はじめまして。わんももと申します。
子育てを通して、考えることも悩むこともたくさんあります。
そんなとき、数年前にぴっかりさんを知ることができ、いろいろ、救われたことや勉強になったことがいっぱいです。話し出すと、何日にもわたってしまうくらいです。

今回のお話に日ごろ、思い当たる息苦しさとその原因をすごく感じました。
「ママ友だちとの、距離のとり方が難しい」
「ホンネの気持ちをしまい込んだまま」
そのものに対する自分の気持ちもありますし、話が変わってしまいますが・・。

■よその子にはいいよいいよ。と叱らない。(自分勝手な自由を大人が容認)

■ママ友グループの子はやたらと大事にし、仲良しアピールする大人気ない行為。(このタイプの中には、グループ外の子の話しかけなどには、声まで低く、ぶっきらぼうなママまでいます。)

こういった方々の真意やいろんな考えもわからないでもないのですが、その人の未成熟(?)さ、その人の子ども、周囲の親子にも与える影響を考えてしまいます。
大人の振る舞いとは理解しがたい方が、増えているよのも世の流れでしょうか・・。

こういうこと(■)に対して、自分の子どもへ話していくことが、重く感じます。
大人がみんなで子どもの健全な成長をサポートしていけたらなぁ。人にはいろいろな考えがあるので、それも仕方のないことなのでしょうが・・。

投稿: わんもも | 2008年3月20日 (木) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (3)怒りを楽しむ | トップページ | (5)境界線としての怒り »